男性

費用は大いに異なる|その道のプロである弁護士に債務整理を託すべし

厄介な問題

男性

遺言作成する方が増えています

家庭裁判所での、遺言書の検認件数は年々増加しています。検認とは家庭裁判所で遺言書の確認を行うことです。遺産相続の争いを避け、円満に行うためにも遺言作成をしたいという人が、増えてきているからでしょう。しかしいくら遺言作成しても、具体的な内容が書かれていなければ、結局はトラブルになるでしょう。又、相続でトラブルの発生が予測できる場合は遺言作成をし、公正証書にしておくなどの対策をとる方が安心です。こういった遺言作成全般の相談は、弁護士、司法書士、行政書士に依頼するといいでしょう。費用はいくらかかかりますが、法律のプロにみてもらった遺言書なら遺族も納得できるのではないでしょうか。又、遺言書を遺さない場合には、誰が法定相続人で配分はどうなるのか、遺言作成しても遺留分などが発生するのかなどの相談もできます。

添削してもらうことで不備をなくせます

特に、遺言作成しておいた方がいいケースがあります。たとえば配偶者との間に子供がおらず、自分の両親も死亡している場合です。遺言作成していなければ、遺産は配偶者と自分の兄弟姉妹に渡ります。配偶者に全ての財産を遺したいのであれば遺言作成が必要です。兄弟姉妹には遺留分はありませんので、遺言書通りに財産が渡るでしょう。法定相続人以外の人に遺産を残したい場合も同様です。自分の介護をしてくれた人に、いくらか遺したい場合は遺言作成が必要です。その他にも慈善団体などに寄付したい場合も遺言作成してください。遺言書を自分で書く場合、特に様式などもないので手軽ではありますが、不備があれば意味がありません。より確実なものにするためには、法律事務所などで相談してみてください。自身で書いた遺言書の添削や添付書類などの相談もできます。

Copyright © 2017 費用は大いに異なる|その道のプロである弁護士に債務整理を託すべし All Rights Reserved.