男性

費用は大いに異なる|その道のプロである弁護士に債務整理を託すべし

経費と手続き

婦人

離婚調停のメリットは経費がかからないこと

離婚をする場合、まず最初に行うべきなのは協議離婚です。これは夫婦の話し合いによって合意に達するもので、我が国で一番多い離婚の方法です。しかし、もし話し合いがなかなかできない、意見が対立するなどで、協議離婚では解決できないような場合は、離婚調停に進むことになります。 離婚調停は家庭裁判所に申し立てをして行うものです。離婚というと、とかくお金がかかりがちなのではないかと心配な人もいるかもしれませんが、弁護士をつけない場合の費用は、戸籍謄本や住民票などの取得費用に加え、印紙代、切手代などが中心であるため、数千円程度とかなり少なくて済むのがメリットです。また、弁護士をつける場合は、事務所によっても違いがありますが、大体20万円から50万円ほどと考えておくといいでしょう。

法律が変わったため手続きの方法も変わった

この離婚調停は、1948年に施行された家事審判法で定められたものです。この家事審判法はその後、2013年に家事事件手続法が施行されたため、その後離婚調停はこの法律に基づくものとなりました。元々家庭内の紛争は、感情が様々な形で絡むことが多く、そのため訴訟などの判例が残る形でなく、非公開であることや、話し合いによる解決が望ましいとされたため、家事関連の法律に委ねられることになりました。 また、家事事件手続法の施行に伴い、相手方にも申し立て書類の写しを送ることになったため、秘匿情報を書類に記載しないことになり、また、子供の参加が許可されるようになりました。その他にも、電話会議やテレビ会議などのシステムが手続きに導入されたり、また離婚調停を行う裁判所が、申し立てた側の住所の裁判所でなく、どちらかの居住地の裁判所へと変更されました。

Copyright © 2017 費用は大いに異なる|その道のプロである弁護士に債務整理を託すべし All Rights Reserved.