男性

費用は大いに異なる|その道のプロである弁護士に債務整理を託すべし

調停の費用

男の人

離婚調停にかかる費用

離婚調停とは家庭裁判所で調停委員と言う第三者が間に入って、夫婦での離婚の話し合いを行う事を言います。 その費用は、自分たちだけで調停に臨む場合は印紙代1,200円と相手方への連絡用の切手代800円、必要書類(戸籍謄本、住民票など)の取り寄せ代と裁判所への交通費のみで済みます。これらは離婚調停を申し立てた方が支払います。 弁護士に依頼した場合の費用はまちまちですが、だいたい着手金30万円〜50万円前後、報酬金もほぼ同額くらいの所が多いです。合計で70万円〜100万円前後でしょう。離婚調停だけでなく親権争い、慰謝料についても争っている場合などにはこれよりも高くなる傾向があります。 離婚調停は原則として本人が出席するものですから、これほど高額な弁護士費用を払ってまでも依頼するメリットはあるのでしょうか。それは後述します。

弁護士を雇うメリット

離婚調停にかかる期間はまちまちですが、短くて1カ月程度、長いと1年もしくはそれ以上になります。 調停が早く終了しやすいのは、養育費、財産分与、慰謝料などの金銭面で争っている時です。またあまりにこじれすぎていて、調停での決着は不可能と調停委員に判断された時も早く終了する傾向があります。 逆に離婚するかどうか、子供の親権をどちらが取るかで争っている時は長期化しやすいです。 離婚調停の長期化のストレスは計り知れません。そのため弁護士に依頼するケースも少なくありません。原則として調停は本人出席ですが、代理人として弁護士に出席してもらうことも、本人に同席してもらうこともできます。また弁護士をつけることで調停委員に「本気で離婚したがっている」と思わせることができますし、調停のアドバイスなども受けられます。 少しでも有利な形で決着をつけたい場合は弁護士に依頼することをお勧めします。

Copyright © 2017 費用は大いに異なる|その道のプロである弁護士に債務整理を託すべし All Rights Reserved.